葬儀の時の服装を知る

葬儀の時の服装を知る

葬儀の時の服装を知る 葬儀の時の服装というのは、決まったしきたりがあります。しかし、昔は遺族や親族などの喪家側は、弔辞では正式礼装の格好をすることが多く、それが基本となっていました。最近では男性の場合は、略礼服のブラックスーツを着て通夜や葬儀に参加することが多くなっており、ほとんどの人が略礼服というスタイルでマナーを守っています。

女性は、通夜に洋装の正式礼装を着用することが多く、葬儀と告別式で和装に変えることがありますので、そのシーンによって変わっていくことが一般的となっています。それでも近年は、葬儀と告別式も洋装にする人が多くなっているので、そんなに服装に対して面倒なことはなくなっています。葬儀というのは、もちろん悲しみの場ですから喪に服して粛々と行われます。

服装では、その他に胸元はシンプルにすることが必要で、シャツは白無地にすることが礼儀になります。略礼服を着用している男性では、ネクタイは黒無地にすることです。様々な形がある中でもブラックのスーツを着用することによって、葬儀が一体となり故人を送り出すことができます。様々な悲しみの中で時間を過ごしますので、葬儀のマナーとしては服装というのは、とても重要といえます。